病院の治療で 悩みを無くすことが出来る

女性に効果的な成分

薄毛を治療するときの注意点

女性が抜け毛や薄毛を改善できる女性向けの育毛クリニックも増えてきました。また、レディース用の育毛剤なども沢山出ています。 男性と女性では薄毛になる原因が違い、治療法も異なります。男性が薄毛治療ができるクリニックはAGA外来などです。AGAとは男性型脱毛症のことで、男性の薄毛のことを指しています。従って女性の場合、AGA外来では治療ができないことになっています。 また、育毛剤や発毛剤も、男性向けのものはAGA治療薬のプロペシアやミノキシジルなどが入っていますが、女性用のものはそれらは入っておらず、女性ホルモンを調整する働きがある成分が入っています。間違わないよう性別に合ったものを使用することが基本です。

女性の抜け毛や薄毛の原因

肌のたるみや小じわなどと共に、抜け毛が増えたり、髪の毛が薄くなったりするのも老化現象のひとつです。髪の毛が薄くなってくるのは、女性ホルモンの影響やストレスの影響があります。女性の場合、女性ホルモンのエラスチンの働きにより男性ホルモンが抑制されているため、男性よりも薄毛になる人が少ない傾向があります。しかし、40代を過ぎるとエラスチンの分泌が弱まり、男性ホルモンが勝ってきて髪の毛が細くなったり、抜けやすくなったりします。 女性用の育毛剤には、エラスチンと似た働きを持つ成分が含まれているので、ホルモンをコントロールして抜け毛を予防できるようになっています。コラーゲンやプラセンタのサプリメントを飲むのも効果的です。